高性能な医療機器の睡眠脳波計「スリープスコープ」
スリープウェル株式会社
06-6450-8787 受付時間 平日9:00~17:00
Home > 健康診断

健康診断

メンタル不調になる前に睡眠検査で予兆をチェック!

メンタルヘルスの予兆を正確に!

メンタル不調者が一人出ると、1億円もの売り上げが余計に必要?

企業でメンタル疾患の休職者をわずか1名出ると、その直接的な損失額は422万円(内閣府調査)とされています。例えば、メンタル疾患の従業員を一人が、6か月の病気で休職すると、その損失補てんには1億円の売り上げを余分に上げる必要がある、という試算もあります。実際には、周囲への影響であったり、プロジェクトの中止など、その何倍、あるいは10倍以上もの損失になることも考えられます。仮に、従業員数5,000人の企業が、全員に睡眠検査を実施したとしても、1億円ものコストはかかりません。メンタル疾患予備軍を発見できれば、膨大な損失を未然にくい止めるも可能なのです。

アンケートだけでは、メンタルの兆候を見逃すかも

2015年12月より、労働安全衛生法の一部が改正され、ストレスチェックが義務化されました。このストレスチェックは、アンケートが中心となっています。より正確にメンタル疾患の予兆できるのが睡眠測定です。ストレスと不眠は相関関係が高いことが実証されており、秋田大学医学部精神科の清水徹男教授によると、うつなどの精神疾患患者の9割以上に初期症状として不眠がある、という報告もあります。睡眠計測によりメンタル不調の予兆を把握できる可能性はすくなくありません。また、治療後の復帰のタイミングを判定するうえでも、正確な睡眠計測は有効な手段となり得ます。

医療機器の脳波計で、健康な組織を

睡眠は、脳の活動(脳波)を計ることで科学的・定量的に評価できます。現在、さまざまな睡眠を計る機器が世の中には存在します。しかし、その多くは医療機器に認証されていません。また、体の動きから睡眠を間接的に予測するなど、不眠を正確に把握する目的には適さない製品がほとんどです。一方で、医療で用いられている睡眠の精密検査は、不眠を科学的・定量的に計測できるとしても、それには大がかりな装置と入院検査が必要で、ストレスチェックという観点から見れば、現実的とは言えません。私たちの仕組みは、医療機器として認証され、不眠を科学的・定量的に、そして「簡単」に計測できる睡眠検査です。さらに計測だけではなく、不眠状態の把握により必要に応じて、アドバイスやカウンセリングを専門機関から提供することも可能です。私たちスリープウェルは健康な組織づくりに貢献できると確信しています。
sleepscope

睡眠脳波計の導入コストは安価 操作はカンタン 解析はクラウドサーバーで

医療機器・小型睡眠脳波計「スリープスコープ」は、レンタルにて導入できます。高齢者でも自分で操作が可能なほど装着も測定も簡単。特別な講習やトレーニングの必要もなく、受診者が自宅に持ち帰り、日常状態の睡眠計測ができます。使用方法は、「youtube」でもご確認いただけます。データは会社の保健室などから、クラウドサーバーにアップロードし、結果がPDFで精製されます。

16-03-25_診断までの流れ

わかりやすい「睡眠検査報告書」作成

就床時間、寝つき、熟眠度、中途覚醒、睡眠効率、睡眠リズムなど、睡眠の質をわかりやすく説明した「睡眠検査報告書」を作成。睡眠時無呼吸症候群や不眠症などの可能性がある場合は専門医への受診を促します。

 PSGとの一致率86.89%(κ値0.753)の精度信頼性と認証医療機器として安全性担保

簡単な検査方法の「スリープスコープ」ですが、正確な入院精密検査である「終夜睡眠ポリグラフ検査(PSG)」と比較して相違ない結果が、論文化されています。また、プログラム医療機器として認証されており、方法論の確かさと安全性が担保されております。

日本人の平均睡眠指標(弊社データ)との比較も可能

毎年睡眠学会で発表している、スリープウェルで保有する健常者の35,000以上の臨床データの分析結果である、年齢別・性別ごとの睡眠指標と、患者様の結果と比較することが可能です。睡眠中に出現するデルタ波(0.5~2Hz)の脳波量から、熟眠脳波年齢を算出することも可能です。

日本人の睡眠2015(睡眠変数の一部を明示しています)

資料ダウンロード
利用実績
  • 心療内科精神科耳鼻咽喉科内科小児科脳外科睡眠クリニックほか

健康診断に関するお問い合わせ・ご質問

ページの先頭へ戻る
睡眠科学を手のひらに。手軽にできる睡眠測定を睡眠改善商品や研究、医療などさまざまな場面で活用。

Copyright(C) 2016 SleepWell All Right Reserved.