高性能な医療機器の睡眠脳波計「スリープスコープ」
スリープウェル株式会社
06-6450-8787 受付時間 平日9:00~17:00
Home >お知らせ > 4月14日 日本経済新聞記事「糖尿病で睡眠障害、起床直後は血圧上昇 大阪市大が確認」。小型脳波計が使用された研究です。

4月14日 日本経済新聞記事「糖尿病で睡眠障害、起床直後は血圧上昇 大阪市大が確認」。小型脳波計が使用された研究です。

4月14日 日本経済新聞記事において、医療機器・小型脳波計スリープスコープを用いた大阪市立大学の研究成果「糖尿病で睡眠障害、起床直後は血圧上昇 大阪市大が確認」が掲載されました。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG13HB2_T10C15A4CR8000/

大阪市立大学の稲葉雅章教授らは、糖尿病で血糖値をコントロールできなくなると、睡眠障害が起きることを脳波計・スリープスコープを使った実験で確認。従来の治療に加えて不眠治療を実施することで、心筋梗塞や脳梗塞の予防につながることを確認しました。米オンライン科学誌「PLOS ONE」に、下記の通り14日パブリッシュされました。

http://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0122521#ack

 

 

ページの先頭へ戻る
睡眠科学を手のひらに。手軽にできる睡眠測定を睡眠改善商品や研究、医療などさまざまな場面で活用。

Copyright(C) 2016 SleepWell All Right Reserved.