高性能な医療機器の睡眠脳波計「スリープスコープ」
スリープウェル株式会社
06-6450-8787 受付時間 平日9:00~17:00
Home >お知らせ > 日本睡眠学会 第39回定期学術集会 脳波計・スリープスコープを用いた研究発表で、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

日本睡眠学会 第39回定期学術集会 脳波計・スリープスコープを用いた研究発表で、ベストプレゼンテーション賞を受賞しました。

日本睡眠学会 第39回定期学術集会(7月3日~4日:徳島)で、脳波計・スリープスコープを用いた研究発表で、ベストプレゼンテーション賞をいただくことができました。

ご協力いただいた皆様方、ありがとうございました。

研究の結論は、「遅く寝ると、深い睡眠の時間が減少する可能性があるので、早く寝ましょう!」という内容です。今まで、早く寝ることのメリットに関するエビデンスは、あまりなかったのですが、2044データの脳波分析結果で、遅寝のデメリットを実証しました。

皆様、日をまたぐ前にはおやすみになって下さい。

 

ページの先頭へ戻る
睡眠科学を手のひらに。手軽にできる睡眠測定を睡眠改善商品や研究、医療などさまざまな場面で活用。

Copyright(C) 2016 SleepWell All Right Reserved.